Role&Roll Vol.84表紙イラスト■ 緒方剛志

vol84

ファイヤード! リプレイ 爆炎のボーダーシティ

監修■友野詳 作■田中公侍/グループSNE 画■祁島セロ

今夏発売された、期待の完全新作TRPG『ファイヤード!』その独特な遊び方を、リプレイで紹介!

  • 発売日■ 2011/9 定価■ 1260円
  • 編集■ アークライト 出版■ 新紀元社
  • ISBN■978-4-7753-0951-3

特集:ファイヤード! リプレイ 爆炎のボーダーシティ

監修■友野詳 作■田中公侍/グループSNE 画■祁島セロ
今夏発売された、期待の完全新作TRPG『ファイヤード!』その独特な遊び方を、リプレイで紹介! ゲームの一番の特徴は、PCたちのパラメータが「筋力」や「知力」といった、いわゆる「能力値」的なものではなく、「登場人物との関係性」や「問題解決能力」、「問題を解決したいと願う意思」といった、「物語との関連性」を意味している部分だ。「どういうこと?」と興味を持ったら、ぜひ読んでいただきたい!!

RPGサポート記事

異界戦記カオスフレア Second Chapter

監修■鈴吹太郎/F.E.A.R. 文■小太刀右京/三輪清宗 画■渋沢佳奈
オリジン侵略のため、大星団テオスが呼び寄せた新たなディエティたちを紹介。影だけの宇宙商人、エルフやドワーフ、データ生命体など、個性的な異星人の新データが満載!

アーカム計画

文■坂本雅之 画■ポール・カリックズ
好評発売中の『クトゥルフ・ワールドツアー 忌まわしき古代遺跡』でも取り上げられている「ミ=ゴ」とUFOの関連ついてを紹介する。果たして、その真実とは!?

ソード・ワールド2.0

作■北沢慶 画■山根真人
移動要塞を軍港にぶつけ、上陸してきた蛮族たち。後ろ髪を引かれる思いで一般市民を王都アーレに護送するロイたちの前に、誇り高き女ドレイクが舞い降りる!

パラサイトブラッド

監修■北沢慶 文■龍口明眞
武神グループのAAS開発機関で、開発者が殺され、試作品が奪われるという事件が発生した。しかし事件は意外な展開を見せ……。LV3のPC3~5人用のシナリオを掲載。

シノビガミ

文■河嶋陶一朗(冒険企画局) 画■七原しえ
妖魔の「死亡条件」のバリエーションや設定方法、妖魔武器のデータを紹介! その他『マギカロギア』の続刊やサイコロ・フィクション・コンテストの結果発表もあるぞ!!

ハンターズ・ムーン

文■齋藤高吉(冒険企画局) 画■伯父
『ロスト・ターゲット』で追加された、強力なハンターキラー「越境者」。ハンターに匹敵する、あるいはしのぐ能力を持つ彼らが何者で、何が目的なのかを解説!

東京鬼祓師 鴉乃杜學園TRPG

監修■朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ) 文■西上柾 画■齋藤晋
リプレイ『少年揺籃』が好評発売中の『東京鬼祓師TRPG』。今回は防具の追加データに加え、「感情入力」でより強い絆を生む「特別な関係」ルールや追加の背景表を紹介!

サタスペ

文■河嶋陶一朗、池田朝佳(冒険企画局) 画■速水螺旋人
お題に沿ったシナリオと追加ルール、速水螺旋人のイラストコラムを掲載。今回のお題は「円盗(イェンタウ)」。華麗な(!?)テクでお宝を盗み出せ!

霊障都市捜査ファイル

文■朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ)
地元ユーザーから投稿された「禍の街 札幌」の設定を元に、「ご当地霊障都市」の設定法を紹介していく。キミも馴染みのある街を舞台に、霊障事件を解決してみないか!?

深淵 第二版

文■朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ) 画■田口順子
村育ちの平凡な少女アミイと、猫頭の魔族《猫の王》のちょっと不思議で、ちょっとおかしな旅を通して中原を紹介! 今回の旅は、話す案山子をお供に再びハジの荒野へ。

バルナ・クロニカ

文■小林正親
サプリメント『ナジャ・イストリカ』とリプレイ『真王姫の叙事詩Ⅰ』も発売になって、ますます好調の『バルナ・クロニカ』をサポート。今回は世界設定を紹介する!

迷宮キングダム

文/画■砂時計週報 日本語版制作スタッフ
百万迷宮でもっとも読まれている新聞「砂時計週報」の日本語版をお届け! 4コマ漫画や追加データなど、アナタの『まよキン』ライフをバラエティ豊かに彩ります!

シャドウラン 4th Edition

文■朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ)
フィクサーの目を通して、第六世界の情報をお届けする「シャドウラン情報局:エッグズ・ジャンクション」。アイテムなどの追加データ「今月のニューアイテム」も掲載!

コミック

スピタのコピタの!

作画■緑一色
緑一色が体験したセッションを、コミックで明るく楽しくレポート! 今回は、独特なストーリー構築システムを搭載したグループSNEの新作『ファイヤード!』を紹介!

ボードゲーム

ボードゲーム・ジャンクション

2011年のドイツゲーム大賞受賞作品、『クワークル』にクローズアップ。下馬評は高くなかった本作、果たして大賞にふさわしい作品なのか。その他の候補作も紹介。

その他

Brand New Games

各社から発売される新作情報や関連情報を掲載。