大正伝奇浪漫RPG あやびと

これは、人間と妖怪が紡ぐ物語

妖怪が人間社会に溶け込んだ大正時代の日本。人間や妖怪の心の闇に魔が取り憑いて発生する“鬼”が、たびたび事件を起こしていた。PCたちは人間と妖怪の協力部隊“あやびと”となり、鬼を封印し、浄化するために帝都を駆け回る!

プレイ人数:1~4人(ゲームマスターを除く)

プレイ時間:3~5時間(キャラクター作成時間を除く)

必要サイコロ:6面体サイコロ×9個

キャラクター同士の[関係性]と[感情]を分けて決めることで、関係の解像度が上がる!

『あやびと』では、キャラクター2人の人間関係を、外から見た[関係性]と、当事者がお互いに対して抱いている[感情]に分けて決める。
2つの観点から見ることで、より複雑で幅広い人間関係を構築することができるだろう。

例:[関係性]:「元恋人」→周囲からは「昔付き合っていたらしい」2人に見える。
  [感情] :「慕情」「罪悪感」→「実はまだ未練がある」「悪いことをしたと思っている」
  [感情] :「嫌悪」「食傷」→「あんなやつきらいだ」「別れたわりによく会う。あきあきだ」

システムはかんたん。手軽に大正ロマンを楽しもう!

大正の東京をまわりながら鬼が起こした事件の調査を行なう。方位や時間帯で判定が有利になることも!
戦闘は妖怪と人間の連携がカギとなる。紡いだ絆で強大な鬼に立ち向かえ!

もっと詳しく知りたいというあなたに、noteでの解説記事を用意している。試し読みもあるので、ぜひ見てほしい!